無動の症状|パーキンソン病の症状やリハビリ法

パーキンソン病

パーキンソン病<パーキンソン病の治療

パーキンソン病の治療について
病院やサプリ摂取、リハビリなど…

病院に診断する際には神経内科へ

パーキンソン病、あるいはその疑いがると診断されたあなたはどういう病院のどんな診療科をたずねれば良いのでしょう。パーキンソン病は脳の病気です。という事は、脳に関係する診療科を選択するのが最も良いでしょう。脳に関する診療科を想像する時、多くは脳神経外科を連想されます。確かに脳神経外科の先生方もパーキンソン病に関する知識は十分お持ちです。ですから脳神経外科で診断されている方も正しいです。最近ではパーキンソン病の外科的治療も行われています。
その他には神経内科という科を聞いたことがあるでしょうか。実はパーキンソン病は神経内科の専門家が最も得意とする疾患の一つなのです。ベストな選択は神経内科と考えられてよいでしょう。

サプリメントをしっかりと摂取することも大切。

パーキンソン病になった場合はもちろん病院に通って、リハビリをすることもとても重要です。しかし、それに加えて最近では研究が色々と進んでおり、パーキンソン病の治療に期待できる成分が様々出てきております。その中でも最近最も注目されているのが水素です。この水素には抗酸化があり、大学の研究所などでの実験結果でパーキンソン病の治療に適しているという結果も出てきているのです。実際にそういった記事やテレビでの放送が最近ではよく見られます。病院の医師とも相談しながら水素サプリメントを摂取することも大切です。その中でもナチュラ水素という水素サプリメントが最近では人気を集めているようなので飲んでみるのも良いでしょう。
しかし、水素サプリメントの中にはしっかりと水素が含まれていないサプリメントもあるのでしっかりと検査されているサプリメントを選ぶこともポイントです。


Copyright (c) 2012 パーキンソン病. all rights reserved.