パーキンソン病症候群|パーキンソン病の症状やリハビリ法

パーキンソン病

パーキンソン病<パーキンソン病症候群

パーキンソン病と同じ症状が出る病気。
パーキンソン病症候群の原因や対策について

手足のふるえや筋肉の硬直などの症状が出たら・・・

手足のふるえや筋肉のこわばりなどの症状が出たからといって、必ずしもパーキンソン病というわけではありません。 他の病気でもこういった症状あでる病気はあります。パーキンソン病と類似の症状が出現します。 たとえば、脳の血管が詰まるや、脳の炎症、また他の原因によってこういった症状も起こり、パーキンソン病症候群とこれらが呼ばれています。つまり、基礎疾患がなく、原因が不明であるのがパーキンソン病であり、何らかの原因があって、基礎疾患があるものがパーキンソン病症候群なのです。このパーキンソン病と症候群はしっかりと分別する必要があります。なぜなら、治療法もことなりますし、薬も異なります。それに加えて特定疾患であるという点も異なります。まずは、症状が出たときには、病院にいって、どういった病気なのかを調べてから、対策や治療を行っていく必要がありますので、気をつけましょう。

発症しやすい年齢について

ちなみに、パーキンソン病が50代の方から発症しやすいのにたいして、症候群は60以上が発症しやすくなっております。また症候群の場合は、しびれや痴呆などの症状も出やすいので、そういったところで判断の基準にもなるかと思います。それとは反対に、40代以下の場合はほとんどこういった症状は出ないので、高齢になった時に気をつけましょう。
パーキンソン病には、最近水素の研究がとりあげられており、サプリメントなどが人気を高めています。


Copyright (c) 2012 パーキンソン病. all rights reserved.