パーキンソン病の症状やリハビリ法

パーキンソン病

パーキンソン病他の病気との関連

パーキンソン病をもたらす
他の病気との関連性

パーキンソン病の症状をもたらす原因

パーキンソン病の原因の項でものべましたが、パーキンソン病はドパミン作動経路にマイナスの影響を与える状況の時におこるわけです。ですから、それが中脳黒質に病変が起こるパーキンソン病ではなくても、その部分に障害を与える病気、たとえば脳血管障害などでも起こってしまうのです。
また、中脳黒質以外の場所でも、ドパミン作動経路で連携のバトンタッチがうまくいかない場合にも、パーキンソン病と同じ症状が起こることがあります。パーキンソン症状を引き起こす他の病気はたくさんあり、パーキンソン病以外でパーキンソン症状を呈する疾患は、症候性パーキンソニズムとして分類されています。実査にパーキンソン病である割合は約7割で、残りは血管障害性パーキンソニズムが1割、パーキンソン病の疑いが5%他が15%を占める割合となっています。

薬剤性パーキンソニズムも症状が一緒です

臨床でよく見られるのは、抗精神病薬を服用されている方に見られる薬剤性パーキンソニズムです、これは、吐き気止めとして用いられるメトクロプラミド、食欲増進や抗潰瘍薬として用いられているスルピリドなどをはじめ、チアプリド、レセルピン、ドンペリドン、クロルプマジン、メチルドパなど、様々な薬が薬剤性パーキンソニズムを引き起こすとされています。ですので薬を摂取するときはしっかりと注意をしましょう。

Copyright (c) 2012 パーキンソン病. all rights reserved.