パーキンソン病の症状やリハビリ法

パーキンソン病

パーキンソン病骨折を防ぐ工夫

合併しやすいパーキンソン病
健康に過ごす為の知識を

合併しやすい骨折の症状

パーキンソン病では、手足がふるえるとか動作が遅くなるなどの運動症状の他に、便秘やたちくらみ、排尿障害などの自律神経症状を伴ったり、苦しの副作用による厳格などの精神症状や、痴呆症状などがおこったりします。これらの症状はパーキンソン病とは別の病気というわけではなく、パーキンソン病による一連の症状と捉えたほうが良いでしょう。それをふまえた上で、パーキンソン病に合併しやすい病気を理解する必要性があります。パーキンソン病と合併しやすい病気としては骨折が大きな理由として挙げられます。

骨折を防ぐ方法を理解しましょう

骨折は、今や高齢者の寝たきり予防のため、最大の予防疾患として認識されつつあります。パーキンソン病の方では、姿勢反射障害があるために、体のバランスがとりにくく、振り返ったり、急に動いた時の反動として点灯することがよくあります。手術が必要な骨折になると、回復を待つまでに体が硬くなり、リハビリが困難な状況になることも少なくありません。また、東武外傷もおおいため、ヘッドギアなどによる装具での予防が必要です。
骨折は予防が第一であり、自分にできるリハビリを毎日少しずつでも行う事が大事ですが、どんなに注意をしていても避けることが出来ない場合には、屋内の状況を考える必要があります。フローリングの床にカーペットをひいたり、尖ったテーブルなどは置かない様になど、パーキンソン病の方はパーキンソンの症状以外の事もしっかりとした知識を身に着けておくようにすることをおすすめいたします。

Copyright (c) 2012 パーキンソン病. all rights reserved.