パーキンソン病の症状やリハビリ法

パーキンソン病

パーキンソン病喫煙やウイルスなどの影響

喫煙やウイルス、化学物質と
パーキンソン病の関係性は

原因不明はパーキンソン

パーキンソン症状と化学物質という点では、マンガンや一酸化炭素中毒もパーキンソン症状を引き起こしますが、その場合はパーキンソン病の進行形式とはことなっているため、原因物質とはいえません。鉛に関しては、硫化鉛を扱う蓄電池製造労働者に、典型的なパーキンソン病が多発したとの報告があがっています。ウイルスなどの感染症による発症という説は、現在のところ否定的です。大変はっきりした傾向を示しているのは、パーキンソン病の方に喫煙者が少ないということです。全国のどこのデータでも相違がなく、いろいろな仮説が立てられていますが、そのひとつに煙中のヒドラジンがMPTPによる黒質神経制帽の細胞死を抑えるためではないかと言われています。しかし、もしそうであれば、喫煙習慣のあるパーキンソン病の患者さんでは、非喫煙者より進行が遅くなるはずであり、疑問視もされています。

栄養面での影響は?

食事や嗜好品もパーキンソン病の危険因子になるのではないかということで、研究が勧められてました。1994年には、海外で約4万人の女性患者を6年間追跡調査した結果が発表されましたが、ビタミンAの摂取が危険率を上昇させ、ビタミンCの微量元素のマンガンの摂取が、予防的効果をなしたということでした。以前から抗酸化作用のあるビタミンEやトコフェロールが、病気の進行を防ぐと言われていましたが、最近の調査では、その関連性が各研究で一致せずに、看護も検討が期待されています。飲酒との関連では、喫煙と同様に非飲酒者が多いというのも、パーキンソン病患者さんの特徴です。

Copyright (c) 2012 パーキンソン病. all rights reserved.