パーキンソン病の症状やリハビリ法

パーキンソン病

パーキンソン病肺炎や気管支炎/strong>

肺炎や気管支炎と
パーキンソン病の関係性は

パーキンソン病の方の死因は肺炎

パーキンソン病になった方の死因は肺炎と気管支炎が65%、心疾患がそれについで多く見られるとの報告があります。ご高齢の方では、パーキンソン病のあるなしにかかわらず、肺炎は命とりですが、進行したパーキンソン病の方となりますと、食べ物の飲み込みが悪くなる嚥下障害が現れてきます。
これもパーキンソン症状の一つで、喉頭から咽頭、食道へ至る運動がスムーズにおこらず、食べ物が口から食道へと送られる際にうまく送り込まれないで、空気の通り道である期間の方に知らず知らずに入ってしまい、肺炎を引き起こす確率が上がってしまうのです。高熱が出る場合もありますが、あまり発熱や席などの症状があらわれず、悪化して初めて症状が出てくる事も多いため、注意が必要です。このような、食べ物を飲み込む際の問題による肺炎を防止するために、鼻からチューブで流動食を胃に送って栄養摂取をする経管栄養という方法もあるので、こういった方法で毎日暮らしている方も多数いらっしゃいます。しかし、24時間鼻からチューブを入れているという事が、患者さん自身も苦痛を伴いますし、またチューブを伝って期間から肺の方に食べ物が入ってしまうと、肺炎をそれが原因で起きることもありますので注意が必要なのです。

こういったのを防ぐために水素サプリの摂取を

近年研究が進み、水素がパーキンソン病に良いという情報がテレビや学会でも多く取り上げられるようになりました。実際にこの水素サプリメントはパーキンソン病に良いとの研究も行われています。パーキンソン病になって、こういった肺炎や気管支炎での死亡率を減らすためにはこのパーキンソン病をしっかりと回復させるしかありません。ナチュラ水素や水素水などで水素がしっかりと含まれているものを続けることも予防の一つとも言えます。もし水素サプリメントを摂取する場合は医師にも相談をしてみるのも良いでしょう。病院でも水素を推奨しているところは多くなっています。

Copyright (c) 2012 パーキンソン病. all rights reserved.