パーキンソン病の症状やリハビリ法

パーキンソン病

パーキンソン病<遺伝的原因

遺伝的なものが原因によっても
パーキンソン病が起こる可能性も。

5〜10%の確率

親がパーキンソン病の方は特に気になることではあるかと思います。パーキンソン病は個人差はあるものの、ゆっくりと進行していく病気です。これまでのところ、パーキンソン病の発症は、遺伝的要素と複数の環境因子の関わりによるものではないかと考えられており、まだはっきりと解明されていません。これまでに、一卵性双生児の研究も行われてきましたが、すくなくとも50際以上の典型的なパーキンソン病では遺伝性があるとはされていません。ただ、報告の中には、両親の近親結婚により、家族内にパーキンソン病を起こす家計も見られており、家族内にパーキンソン病患者のいる家族では、同省の発症率は高いと言われています。遺伝が関与していると思われてる家族性パーキンソン病はパーキンソン病の患者のやく5%〜10%です。

遺伝の仕組みをしっかりと理解しよう

さて、遺伝について少し説明しましょう。人の細胞には223対の常染色体と1対の性染色体があり、それぞれ父親と母親から一本ずつ胎児へと受け継がれ、対をなします。性染色体は性別を決定する遺伝子を持っており、性染色体の以上が起こる病気では、病気の発症に男女差がみられますが、常染色体では基本的に性差はほとんどありません。遺伝の形式には優性遺伝と劣性遺伝があります。優性遺伝の場合は一本の染色体の遺伝子に異常がある時に発症しますが、劣性遺伝は二本ともに以上のある場合にしか発症しません。全ての病気が必ずしも遺伝的要因を含んでいるというわけではありませんので、しっかりと毎日の生活習慣を大切にする事もとっても大切ですのでそれを忘れずに・・・。

Copyright (c) 2012 パーキンソン病. all rights reserved.