パーキンソン病の症状やリハビリ法

パーキンソン病

パーキンソン病<情報一覧

放っておくと重度な症状に。
パーキンソン病について色々な知識をみにつけよう。

どんな人が発症しやすいのか…

どのような人がパーキンソン病にかかりやすいのか。以前から、パーキンソン病の方は、喫煙、飲酒をしない、趣味が少ない、仕事中心で生活の場が少ないといわれてきたようです。この様な方々が必ずしもパーキンソン病になるというわけではありませんが、一般的な傾向として性格的に几帳面で真面目な方が多いようです。
実際にこの論点に関しては、パーキンソン病になると几帳面になってしまうのか、几帳面だからパーキンソン病になってしまうのか現代の医学でも解明されていません。
その他にも、ライフスタイルによっても発症しやすい方の統計なども出ているようです。1990年代はじめに、日本国内でパーキンソン病の危険因子をライフスタイルの観点から調べた調査がありました。これは、パーキンソン病とそうでない人を対象として、食事、喫煙、食事、運動、性格、対人関係などについて比較したものでした。その結果、幼年期から40歳までに肉類・牛乳・乳製品・果物の摂取が少ない、40歳以降では日本的食事でない傾向を示しました。それに加えて、パーキンソン病の方は飲酒をしない傾向が強く、喫煙もしない方が多いようです。
その他にも若いころに運動神経があまり良くなかったり、体が固かったり、瞬発力にかけていたり、運動体育が嫌いであるような傾向も多く見られたようです。性格的には内気な方が発症する事例が多かったので、やはりコミュニケーションをしっかりと多くの方ととることは健康にとっても非常に大切かと思われます。

その他のパーキンソン病に関する情報一覧


Copyright (c) 2012 パーキンソン病. all rights reserved.