パーキンソン病の原因|パーキンソン病の症状やリハビリ法

パーキンソン病

パーキンソン病<パーキンソン病の原因

現時点で解明されている
パーキンソン病の原因について

ドパミン作動性の力の低下

脳の中心から少し下がった所にドパミン作動性経路の原動力となるドパミンという物質を生成する部分があります。ところが、この細胞に変性や障害がおきると、ドパミンが分泌されずに、ドパミン作動性経路の働きが弱くなってしまうのです。そして体を動かそうとする力が弱まって、それと反対に体の動きを抑えようとする力の方が強くなってしまうのです。このような状態になると、パーキンソン病の症状である筋固縮や無動という症状が起きてしまい、パーキンソン病になってしまうのです。実際にこのドパミン作動性経路は80%異常がなくなると、パーキンソン病にかかってしまうと言われています。その他にも、自律神経症状を引き起こす可能性もありますので、気をつけましょう。

有力な酸化的ストレスが原因

現在でも、パーキンソン病の原因は完全には解明されていませんが、有力な説として酸化的ストレスがあります。
酸化的ストレス説には、MPTPという物質の発見がおおきく関与しました。元々は、1977年、アメリカの青年が自家製の催眠薬を作ろうとした時に副産物として生成された物質でした。青年はその自家製の催眠薬を服用した後から、急に体が硬直して、パーキンソン病の症状は発症したのです。この出来事をきっかけに、全世界で研究が行われており、このMPTPという物質は、生物の細胞の中で酸素の代謝をつかさどるミトコンドリアという小構造物に働き、脂肪の呼吸を遮断して細胞を死に至らしめる事が分かりました。このことから、このMPTPがパーキンソン病の症状をおこしたように、パーキンソン病の患者さんでも同じような事がおこっているのではないか、と考えられたわけです。
つまり、酸化的ストレスを除去する事により予防を行なうことができます。現在では、水素サプリや水素水の研究が勧めれており、酸化的ストレスを減らす事が研究で発表されております。


Copyright (c) 2012 パーキンソン病. all rights reserved.